妊婦がグアム旅行に行っても大丈夫か、真面目に検証してみました

久しぶりの記事更新となります。

長々と記事が書けなかったのは、妊娠が発覚し体調不良が続いていた為です。現在妊娠6ヶ月で、苦しかった悪阻も終わり幸せをかみしめつつ、マタニティライフを楽しんでおります。

そして、妊娠してたってグアム行きたいのです!

前回4月に旅行に行った時、シャトルバスでおなかの大きな妊婦さんに出会いました。

だから私も行きたい!

贅沢な話ですが、グアムは1年に1回、いや半年に1回のペースで行きたいのです。

こんな写真が取りたい~!ということで、妊婦でもグアムへ行って問題ないか真面目に調べてみました。

妊婦と青い海

スポンサーリンク

そもそも妊婦は飛行機大丈夫?

基本的に、妊娠中でも飛行機に乗ることはできます。

妊娠初期の4ヶ月くらいまではみなさん悪阻とか体調不良で旅行なんて考えられないと思いますが、安定期の5ヶ月~7ヶ月だったら割と元気なので乗りやすい時期でしょう。

ただし、診断書が必要な場合があるようです。

飛行機搭乗に診断書が必要な場合

とくに妊娠後期に入ると飛行機会社によっては医師の診断書が必要となります。グアムに行く際によく利用される航空会社の規定について以下の通り調べてみました。

UNITED(ユナイテッド航空)

・妊娠8か月以内:診断書は不要

・妊娠9か月以降:フライト出発予定時刻の3日(72時間)以内に発行された産科医の証明書原本と写し2通が必要。

デルタ航空

・診断書不要

※半信半疑だったので電話で確認しましたが明日が出産予定日でも乗れるようです。

大韓航空

・32週未満:特に不要

・32~36週:申告書の提出

・37週以上:渡航禁止

上記は2016年1月情報となります。また双子ちゃんを妊娠されている方は別途規定がある可能性もあります。

必ず各航空会社に確認をお願いいたします。

飛行機搭乗がラクになるグッズ

飛行機に乗ると、気圧の影響で足がだるくなったりしませんか?

私は足が浮腫むので非常に痛くなります。

妊娠中は浮腫みやすい為、以下のようなグッズがあると便利だと思いますよ。

まずはメディキュット。もこもことした冬用が冷えなくておすすめです。

また、以下のような『フットレスト』もおすすめ。

足元を高くすることで、足の浮腫みを軽減できますし、持ち運びも便利なグッズです。高速バスとか長時間移動に使えるし安いのであると便利ですよ。

グアムで妊婦におすすめのホテルと移動手段

グアム旅行で妊婦さんにおすすめのホテルと移動手段をご紹介します。

ホテル

もし英語が得意でない場合、格安ホテルだと英語が話せる人がいない場合があります。もしも救急隊員などを呼んでもらう必要があるような事態になった場合、日本語スタッフが常駐している方がよいでしょう。

また、日本人医師がいる『グアム旅行者クリニック』があり、予約制ですが利用することができます。場所も繁華街から近いタモンサンズプラザの前のバーガーキングの建物に入っています。詳しくは、グアム旅行者クリニックを確認してください。

このクリニックの近くのホテルにする場合、アウトリガー、デュシ タニ、ハイアットあたりが良いでしょう。

移動手段

妊娠中の場合、旦那さんと旅行に行かれる方が大半なので、レンタカーで移動することをおすすめします。

妊婦の場合、シュノーケリングやビーチアクティビティなどは出来ません。

ショッピングや海を見てのんびり過ごして癒されるような旅になりますが、ショッピングはけっこう歩くので体力が必要になります。

また周囲の目もありますし、バスの待ち時間も暑い中外で待つ必要がありますので、絶対にレンタカーでの移動がよいと思います。

グアムでレンタカーを借りるメリットは、

  • ホテル街から離れて、本当のグアムを知ることができる。
  • とにかくバスの待ち時間がない
  • 誰もいない自然に囲まれた海や展望台でボーっとできる。
  • 夜中に24時間営業のスーパーに買い物に行ける
  • 夜のドライブも最高
  • 早朝から移動して、ローカルなファミレスで朝食が食べれる。

などなど・・・

メリットは非常に多いですよ!

私はグアム旅行へ行く度にレンタカーを借りています。 もちろん一番の理由はとにかく便利だからです...

妊婦は海外旅行保険に入れるの?

妊娠中でももちろん海外旅行保険には加入できます。

ただし・・・妊娠や出産に起因する治療費用は支払われません。

つまり、切迫早産等の妊婦特有の病気になった場合は実費となります。入院1週間でも200万は覚悟しなければならないようです。

ただし妊娠22週未満の場合は、AIU保険会社が加入可能です。

妊娠前から計画していた方や新婚旅行の方のために、AIUのみ可能とのことです⇒AIU損保(海外旅行保険・ハネムーン)

ちなみに私はこれを知って、グアム旅行を断念しました。

まとめ

妊娠中の海外旅行は、近くて行きやすいグアムが人気のようですが、私は行かないことにしました。

だってもし万が一のことがあったら、私だけでなくお腹の赤ちゃんを危険にさらし、夫にも大迷惑がかかります。

楽しいはずの旅行をビクビクしながら過ごしたくはありませんし、海で思いっきり泳ぐこともできないし行く必要はないなと思いました。

今度のグアムは、お腹の赤ちゃんを日本で産んでから行きます。

今計画しているのは、とりあえず親に預けて遊びに行くか(最低かしら?でも親孝行かも?)もしくは1歳になったときに3世代で行こうと思っています。

それまで青い海とも遠距離ですね(笑)

PS:妊娠中の海外旅行について、フィリピンに駐在されている「放浪ひつじ様」からコメントを頂きました。実体験を記載されているので、旅行をお考えの方は必ず一読してください

スクロールして頂き、コメント欄から読めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク