グアムが嫌いになってしまった人の3つの共通点!合う合わないは確実にある!

グアム部の管理人をしていると、「どうしてそんなにグアムが好きなの?本当に楽しいの?ハワイと比較してどう思う?」などなど、多くのメッセージが届きます。

そんな中で、先日こんなメッセージを頂きました。

先日彼氏とグアム旅行へ行ってきましたが、買い物するエリアも狭く、日本人や韓国人だらけ、英語より日本語の方が多くてガッカリした

よくある話です。

その後も彼女とメール交換を続ける中で、グアムが嫌になってしまう人には3つの共通点があることが分かりました。

結論を先に言うと、

1、雨季に行っている

2、海で泳ぐことに興味がない

3、海外来たぞ感を求めているのに繁華街から出ていない

 

グアムリピーターさんなら、なるほどーって感じしませんか?

グアムは相性が絶対にあります。目的を間違えたら本当につまらない場所になってしまうかと。

少し詳しくまとめてみましょう。

スポンサーリンク

雨季に行くと楽しさ半減します

まず1つ目、雨季にグアムに行くのはおすすめしません。

私も雨季の後半にグアムに行きましたが、見える景色が全然違うのです。雨の量だけでなく、雲が多く、海の色、空の色がどんより、霞んでいるようにさえ感じます。せっかくのリゾートに来たのに思いっきり外で遊べないなんて辛すぎる。

これが雨季の雨降りそうな時間帯、青空があまり見れません。

ビーチではしゃぐ2歳児

これ乾季、雨はほとんど降りません。降ってもすぐ止んでカラッと晴れます。

グアムリーフホテルのオーシャンフロントの景色

こちら、グアム南部のセッティ湾、雨季です。

セッティ湾展望台から見た海

こっちは上記と同じセッティ湾、4月の乾季真っ盛りです。

グアムのセッティ湾展望台

どっちもスマホ撮影、加工ナシ、違いは明白です!

そして何より雨季は湿気が多くてこれが地味に辛い。雨季は7月から9月がピーク、ってことは日本もジメジメ、グアムもジメジメ。そりゃテンション上がりません。

乾季のピークは1月から5月ごろですが、この季節はカラッとしている日が多く、何より景色が綺麗でリゾートに来た感がぜんぜん違うのです。

というわけで1つ目の結論

グアムが苦手になった方は実は雨季に行っている人が多い可能性があります。ちなみに、日本の夏休み、シルバーウィーク、全部雨季ですよ。

スポンサーリンク

グアムって海が最高なんですよ

グアムに行って海に興味がない、水着にもならない、日焼けが辛い、泳げない・・・etc

それは楽しさが半減するかと思います。

グアムの良さは何と言ってもその海の美しさです。初めて泳いだときはあまりの透き通りっぷりに「これ海の中かしら?」と思うほどでした。

ワイキキと比較してみましょう(アンチハワイではないので悪しからず)

人が多くて活気があり、サーファーもいて波もあって、都会的でお洒落なビーチがワイキキビーチ。リゾートの雰囲気を楽しみたい方には天国です。

美しいビーチ

でも逆を言えば、人がいっぱい、サーフィンできるほどの波があるので砂が巻き上がり水が濁るし、サンオイルでベタベタな海水だと思ってしまう、泳ぐのが好きな人間的に無理なのです。シュノーケリングしてもカラフルな魚というよりは、グレーな魚が多いです。

そして、こっちがグアムのタモン湾。人が少なくちょっと田舎っぽい、でも海の透明度がホテルの部屋からでもよくわかります(サンゴ礁の塊が見えてる)

タモンビーチ全体

そしてタモン湾は大きなプールと言われているほど波が無いので水が濁りません。その為、透明度が抜群、シュノーケリングするとカラフルな魚がたくさん泳いでいます。

人の少ない美しいタモンビーチ

海が好きな人、泳ぐことを楽しめる人ほどグアムリピーターです。私のグアム大好きな知人達は全員海好きです。知り合いの超お金持ちの社長さんが「お金あるけどグアムしか行かないよ!海最高だからね!」と言っていたのも印象的でした。

海の中も綺麗!シュノーケリングが楽しくて仕方ないです。

イパオビーチのサンゴ礁とスズメダイ

 

ちなみに、ハワイもワイキキを離れたら人が少なく、カラフルな魚がたくさんいる美しいビーチがあるのは知っています。

でもね、ホテルからレンタカーやタクシーでの移動、水着やタオルやパラソル持って、飲み物持って、子どもがいたらさらに荷物は増え、帰りは疲れ果てた状態で荷物をまとめて、またホテルに戻る・・・想像するだけでしんどくないですか?ってなっちゃうわけです。

先ほどから掲載しているタモン湾はグアムでは一番のホテル街です。ちなみに以下の写真はヒルトンホテル前のイパオビーチで撮影した写真です。グアムで一番のシュノーケリングスポット、珊瑚もたくさん生息していてトロピカルなお魚がたくさん泳いでいます。

一番綺麗なイパオビーチ

MAPイパオビーチ地図
行き方レンタカー、ツアー、シャトルバス
ツアー【現地ツアー予約】イパオビーチ シュノーケリングicon
私の感想イパオビーチの楽しみ方まとめ

ホテルの目の前のビーチでシュノーケリングができる、移動しなくていい、5分で部屋に戻れる!最高じゃありませんこと?

特に私の場合は子連れなので人が少なくて波が無いビーチ、ホテルの目の前、最強です。

というわけで2つ目の結論

グアムの海の素晴らしさが分からないと楽しさは半減すると言っていいでしょう。

スポンサーリンク

海外来たぞ感を求めすぎている、なのに繁華街に閉じこもっていた

グアムは一応海外でアメリカ領ですが、日本人や韓国人観光客がすごく多いです。繁華街にいたらほとんど観光客です。グアムの70%の収益が観光ってくらい観光業に頼っている島なんだから当たり前の話ですが。

なので、日本人だらけだった、とか韓国人だらけだったとか、そんなの仕方ないわけです。

海外来たぞ感を求めるなら別の国の選択肢があるのを先に申し上げておきましょう。

 

でもね、グアムの繁華街って本当にごく一部なんですよね。

繁華街から一歩出るだけでそこは全く別世界。日本語なんて見かけないし、地元民しかいないレストランや、カフェなんかもたくさんあります。

これ、最近行ったレストラン、繁華街から車で10分ですが観光客なんていません。雰囲気もおしゃれで大満足、日本語メニューもナシ。

グアムのスリースクエアの店内の様子

場所スリースクエアの地図
予約【グルヤク】スリースクエア予約へ
営業時間08:00-22:00
グアム部の感想スリースクエアに行ってきました

これは1号線沿いにあるビーチ沿いのカフェ。出勤前の方がモーニングをさっさと食べてる感じ、パソコンカタカタしてる現地の人もいたり、老夫婦がパンケーキ食べてたり、まさに海外!もちろん観光客は私たちだけでした。

グアムのトゥリカフェのアイスコーヒー

場所トゥリカフェの地図
予約【グルヤク】トゥリ カフェ予約へ
営業時間6:30-20:00
グアム部の感想トゥリカフェで素敵な朝ごはんを食べてきました

また少し繁華街から離れたハガニアショッピングセンターは、観光客向けでは無いですが、先日私が行った時は日本人も観光客も1人も見かけませんでした。

というわけで3つ目の結論

海外来た感を求めたいなら、繁華街から一歩外に出てください。

バスでもハガニアまでなら行けるし、レンタカーやタクシーで遠出すると海外の南国の雰囲気があって素敵ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

長々と書いてしまいましたが、グアムが嫌いになってしまった方には特徴があるというお話でした。

雨季に行った方は次は乾季に行ってみるといいですよ。また繁華街で旅が完結した方は次回グアム一周ツアーに参加したり、レンタカーを借りてドライブするのもいいと思います。

また、ショッピング目的の人も割とガッカリする方が多いようです。

 

タイトルとURLをコピーしました