飛行機に乗らずにマイルを貯めてグアムの航空券を実質無料にする方法

読者の皆様。マイルは貯めていますか?

「滅多に飛行機に乗らないから溜めていない」という方がほとんどだと思います。私の友人は「めんどくさい」「飛行機あまり乗らないもん」と言っています。

しかしながら、実は飛行機に乗らなくてもマイルは簡単に溜まっていきます。私の場合は、グアム往復分のマイルを3ヶ月で特に何か作業することもなく貯めました。

マイルでグアムへ行けば実質飛行機代は無料です。

さらに、マイルには1マイル1円以上の価値があり、多いと2円以上になることもあるのです。上手に貯めればビジネスにも乗れるし、マイルは最強だと個人的には思っています。

スポンサーリンク

前提

我が家はUNITEDが大好きで、グアム旅行はいつもUNITEDです。

しかしながら、UNITEDのマイルではなくANAマイルをメインで貯めています。

なぜなら、ANAマイルは飛行機に乗らなくても大量に貯まる特徴があり、普段使うTポイントや楽天ポイントから移行も可能、UNITEDの特典航空券と交換できるというメリットがあるからです。

忙しくて時間がない方でも実践することができるので、是非トライしてみてください。

本記事では、我が家がANAマイルを貯めて、どうやって実質無料でグアムへ行っているかを詳細に記載します。

UNITEDでグアムへ行く場合の必要マイル数

UNITEDを利用して、ANAのマイルでグアムへ行く場合の特典航空券は、セーバーとエブリディの2種類があります。

セーバー特典は、利用可能な日や座席数に制限がありますがマイル数が少ない特徴があります。エブリディ特典の場合はその逆で、必要マイル数はその時々で変化します。

以下、UNITEDでグアムへ行く時に必要なANAマイル数一覧です。

エコノミービジネス
セーバー30,000マイル55,000マイル
エブリディフライトごとに異なる

この、セーバー特典の30,000マイルという数字を覚えておきましょう

30,000マイルはANAマイルであっという間に貯まりますよ!

青空と飛行機

ANAマイルが貯まるクレジットカードを利用する

我が家では、家族でメインで使用しているクレジットカードをANAマイルが貯まるものにしています。

ANAマイルを貯めやすい&年会費が安い&旅行特典が多くバランスが取れているのがANA アメリカン・エキスプレスカードです。

アメリカンエクスプレスはステータスが高いクレジットカードとして有名ですが、ANA アメリカン・エキスプレスカードの一番のメリットは有効期限を気にせずにポイントを貯めることができること、海外旅行保険が家族もセットで付帯する点です。

年会費に7,000円、マイルアップに6,000円かかるのがデメリットですが、それ以上に特典がたくさんあるので費用を払ってもお得だと感じています。

まずは、入会で1000マイル、1ヶ月以内に3回の利用で1000ポイント、3ヶ月以内に15万利用で3000ポイント、60万利用で29,000ポイント貯まります。これ全部達成したら34,000マイル相当になるので、これだけでグアム往復航空券と交換できます。しかも余る。

他にも、海外旅行保険が付帯しているのはかなりのメリット。

カードで旅行代を支払えば、傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円、治療費も100万など充実していて、なおかつ家族の保険もついてくる珍しいカードです。配偶者だけでなく子どもや親の分まで海外旅行保険がついてくるわけで、これだけでもすごい特典だと思います。

また、空港ラウンジが無料(同伴者1名含む)で利用できることと、帰国の際にスーツケースを自宅まで配送してもらえるビップ待遇が受けられるところですね。

我が家は子連れなので、帰国後は荷物を受け取らず手ぶらで帰ってますが、重い荷物を運びながら子供と手を繋ぐのは大変なので助かっています。

他にも、グアム旅行中に怪我やトラブルにあっても日本語のサポートデスクに相談できるのもありがたい。旅行前も、オススメを教えてくれたり、レストランや宿泊先の予約もしてもらえます。グアムで超人気店のプロアを予約してもらったこともあります(笑)

年に1回でも旅行をするなら、ぜひ持っておきたいカードです。

さて、大事な話に戻しましょう。

このANA アメリカン・エキスプレスカードは1000円の利用で10マイル貯まります。

我が家は大人2人と幼児2名の家族構成ですが、以下の項目はカード払いにしています。

食費5万
外食費2万
レジャー費1万
保険(生命・医療・学資)4万
電車・ガソリン2万
通信費1万
光熱費2万
玩具やオムツなど2名分1万
趣味1万
衣類や生活費や趣味5万

総額24万程度を毎月このカードで支払いをしているので、1ヶ月2,400マイル貯まり、年間28,800マイルが貯まるのです!

また、入会特典の3ヶ月で60万利用を達成してしまったので、合計34,000ポイントがもらえました。

#以下、まとめ

ANA AMEXカード入会特典34,000マイル
ANA AMEXカード利用28,800マイル/年

クレジットカード

ANAカードマイルプラスのお店をメインで利用

ANAカードマイルプラスとは、ANA アメリカン・エキスプレスカードのポイントとは別にマイルが貯まるサービスのことを言います。

対象店舗でANAカードを利用するとマイルが追加でもらえるので、日頃行くお店があれば利用しましょう。

詳しくはこちら→ANAカードマイルプラス

以下は、我が家がよく行く店舗をまとめました。

店舗追加マイル
セブンイレブン200円で1マイル
スタバ100円で1マイル
iTunes Store100円で1マイル
大丸200円で1マイル
ENEOS100円で1マイル

スタバもですが、iTunes Storeは旦那がお小遣いでゲームに5000円前後使ったりしているのが結構大きいし、ガソリンも月に8,000円ほど入れるので、そこそこ溜まって行きます。

#以下、まとめ

ANAカードマイルプラス2,000マイル/年

ANAマイレージモールを利用する

日頃のネットショッピングもANAマイレージモールを利用すればマイルが貯まって行きます。
やり方はとても簡単。普段利用するyahooや楽天などで買い物をする際に、一度ANAマイレージモールにアクセスして、楽天やyahooのリンクを踏んでショッピングをするだけです。

提携しているネットショプで私が個人的に使うのは以下の通り。

楽天、楽天トラベル、yahoo、ヤフオク、Apple公式サイト、オルビス、オンワード、アカチャンホンポなど

200円で1マイルが多いようです。

詳しくはこちら→ANAマイレージモール

我が家はこの前IPhone10をAPPLEで夫婦二人分買ったり、旅行の際には楽天トラベルを利用しています。またメインで楽天を利用しているので、結構なマイル数が付与されています。

#以下、まとめ

ANAマイレージモール2,000マイル/年

楽天ポイントからANAマイルへ

楽天ポイントはみんな大好き、簡単に貯まります。なので取りこぼしのないように夫婦二人で貯めています。

例えば、Amazonと楽天なら楽天をメインで利用したり、楽天ポイントが貯まるスーパーで買い物をしたり、ファーストフードを利用するときはマクドやミスドを使ったり、外食はくら寿司とか。細かいですが、意識して貯めるとそこそこ溜まっていきます。

楽天の中でもポイント10倍の商品を狙ったり、普段行くスーパーではポイントが追加で付く商品を買ったり・・ちょっと面倒だけど、出来ない!ってほどでもないですよね。

また、楽天カードに楽天Edyを付帯させれば、チャージしても利用してもポイントが貯まります。詳細はこちら→楽天カード

我が家の場合、1ヶ月に2人で5,000ポイントほどたまるので、年間にすると60,000ポイントもたまることになります。この楽天ポイントをANAマイルに変換する場合、2ポイント→1マイルの計算になります。

#以下、まとめ

楽天ポイント30,000マイル/年

TポイントからANAマイルへ

ファミマでTポイントが貯まるのはご存知の通りですが、私の旦那は職場の近くにあるファミマでコーヒーや弁当などを買っていて総額3万はファミマに使っているそうな。

ファミマでのTポイント獲得は200円で1ポイントなので、毎月150ポイント、年間1800ポイント貯まる計算になります。

また、私はTポイントが貯まるドラッグストアで、オムツや離乳食や化粧品などを日常的に購入しています。またこのドラッグストアは毎週月曜にTポイントが2倍、つまり100円で2ポイントも貯まるので、必ず月曜に買い物をします。

もちろん、前項で紹介済みのANA アメックスカードを利用するのでポイント二重取りは当然。

毎週ポイントが2倍の月曜に5000円分の商品を買う場合、月に400ポイント、年間4800ポイント貯まります。

TポイントからANAマイルへ変換する場合、2ポイント→1マイルの計算になるのが辛いところですが、何度も書いている通りマイルの価値は2円、多いと5円くらいにもなると言われているのでマイルに変えても痛くも痒くもありません。

#以下、まとめ

Tポイント3,300マイル/年

1年でANAマイルがいくら溜まったか

上記をまとめると

  • ANAアメックスカードの利用
  • ANAカードマイルプラスの利用
  • ANAマイレージモールの利用
  • 楽天ポイントからの移行
  • Tポイントからの移行

この5つを確実に行うことで、1年で以下のANAマイルが貯まりました。

おおよそになりますが、実際に我が家が貯めたANAマイルです。

ANA AMEX 入会特典34,000マイル/年
ANA AMEX 利用28,800マイル/年
ANAカードマイルプラス2,000マイル/年
ANAマイレージモール2,000マイル/年
楽天ポイント30,000マイル/年
Tポイント3,300マイル/年
合計100,100マイル/年

・・・貯めすぎました。

冒頭でも30,000マイルあれば、一人往復グアムの航空券と交換できると記載しましたが10万マイルも貯まりました。

つまり、グアムへの往復航空券が夫婦2人分+子供1名分買えてしまいます。しかも私は、飛行機に乗らずにこのマイルを着々と地道に、日常の少しの工夫だけで貯めているのです。

飛行機に乗らずにマイルを貯めてグアム行けた

上記は我が家の例になりますが、1年でおおよそ合計10分円分のANAマイルが貯まり、家族のグアム往復UNITED特典航空券が購入できました。

グアムへできるだけ安く行きたい、お金を使わずお得に行きたい・・・そんな方はANAマイルを効率的に貯めるのが一番お得だと思います。

また私が紹介したやり方は非常に簡単でやりやすい方法です。日々の生活を少し変えるだけで特に難しいことはしていません。

是非参考にしていただければと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

さて、若かりし頃にグアムの格安ホテルに泊まりまくった経験をもとに、それぞれのホテルのメリット&デメリ...

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク