グアムのビーチはきれい!おすすめスポット10ヵ所をご紹介

本記事では、グアムのビーチに関する情報をまとめて記載したいと思います。

プライベートビーチや、無料で安全できれいなビーチ、人気の高いおすすめのビーチを中心に記載しています。

グアムの海は透明度も高く、潜ったり泳いだりするだけで楽しいし、波の音を聞きながらの昼寝も最高ですよ!

スポンサーリンク

グアムのビーチの基本

グアムは小さな島ですが海に囲まれているのでたくさんのビーチスポットがあります。

個人で行く場合は自由に過ごせますが、荷物の盗難や事故が心配です。有料ビーチはお金はかかりますが、安心して泳ぐことができるので初心者やファミリーにおすすめ。

グアムのビーチ10か所の地図

最初に有料ビーチを、後半で無料ビーチをご紹介します。

グアムのおすすめ有料ビーチ

有料ビーチで有名な3つのビーチを以下にご紹介します。全てオプショナルツアーで行くことができます。

リンク先のツアー会社は、日本企業が運営している安心安全な会社なのでおすすめ。私もグアムへ行く度にお世話になっています。

ココス島

ココス島はグアム島から船でおおよそ15分で到着する離島で、グアムの有名な観光地です。

ココス島

離島さながらの自然がたくさん残っていて、船にのると一面360度が海になります。それだけでも十分満足できるのですが、ココス島を散歩したり、オプショナルツアーを組んでバナナボートやイルカウォッチングを楽しんだり・・・贅沢で楽しい1日が過ごせますよ。

場所 ココス島の地図
行き方 レンタカー、ツアー
ツアー ココス島 送迎付きオプショナルツアーicon
私の感想 ココス島へ行ってきました

トンガンビーチリゾート

グアム東南部にあるトンガンビーチリゾートは、水が透明で遠くで波の音がして、プライベートなリゾート気分を味わうことができます。

トンガンビーチ

私は旦那と2人で結婚前に行きましたが本当に2人きりでした。あまり有名なビーチではないのですが、私にとっては心の底に深く残る思い出になっています。

本当に、ただただ波の音と空と海と私たち2人だけ。吸い込まれそうなその海に言葉がでませんでした。

また、ここで食べるバーベキューは激ウマでした。

場所 トンガンリゾート地図
行き方 レンタカー、ツアー
ツアー 事前予約 送迎付きicon
私の感想 トンガンビーチへ行ってきました

ココパームガーデンビーチ

グアムで一番高いプライベートビーチで大人一人85ドルかかりますが、設備が充実しており、用具等すべて付いているので安心できるビーチです。

ココパームガーデンビーチの透き通った海

監視員やスタッフも大勢いるのでお子様が小さい方におすすめです。また場所が北部になるので海の透明度はすばらしいです。

場所 ココパーム地図
行き方 レンタカー、ツアー
ツアー ココパームガーデンビーチ予約※送迎付きicon

グアムのきれいな無料ビーチ

次に無料のビーチをご紹介していきます。グアムはホテル前のビーチですら美しく、透明度も高いの特長です。

イパオビーチ

女性が足の付く浅瀬でもサンゴがたくさんあり、お魚がいっぱい見れるグアムで一番のシュノーケリングスポットです。

イパオビーチ

ライフセーバーもいてお子様連れでも安心。

ちなみに私はグアムへ行くと必ず初日に行っています。

1日中海の中で魚と一緒に泳いで、疲れたらぷかぷか背泳ぎで浮いて目を閉じる。極上のウォーターベットを独り占め!

シュノーケリングが趣味の方から、初心者の方まで幅広く楽しめるビーチだと思います。

場所 イパオビーチ地図
行き方 レンタカー、ツアー、シャトルバス
私の感想 イパオビーチの楽しみ方まとめ

初心者におすすめのタモンビーチ

ホテル街のすぐ側にあるビーチ。DFSやTheプラザから海に出ると、海に乗り物がぷかぷか浮いていてパラソル等がたっているビーチに到着します。

日本人の多い泳ぎやすい立地で、初心者向け。私も最初はここで泳ぎました。

タモンビーチ

またABCストアが近いので喉が渇いてもすぐ買い出しに行くことができるし、透明度も高く海は写真の通り非常にキレイです。

あと本気で泳ぐというよりは日焼けを楽しんだりビキニを来て写真とってる若い女性の団体がいっぱいです。

場所 タモンビーチ地図
行き方 レンタカー、シャトルバス
ツアー なし
私の感想 タモンビーチの楽しみ方まとめ

リティディアンビーチ

グアムの最北端にあるリティディアン岬の手前にあるビーチで、グアムの中でも透明度が高く、星の砂が拾えるビーチとしても有名な観光ポイント。

リディアンビーチ

静かで人もほとんどいない場所。海の中は魚たちで溢れています。しかしながら、潮の流れが速い場所なので毎年死亡事故が起きています。泳ぐのは遊泳可の浅瀬だけで楽しみましょう。

晴れた日には沖合にロタ等を見ることが出来ますし、ビーチに入る前の山の下り坂からは海が一望できて絶景が広がっています。

ただしここに行くには、タイヤがしっかりした車が必要で盗難事故も多く危険を伴います。行くなら自己責任です。

場所 リティディアン岬地図 の左側のビーチです
行き方 レンタカー
ツアー なし

ガンビーチ

無料ビーチです。タモン湾の北端に広がっているビーチ。

ガンビーチの透明度

日本人観光客に人気のあるニッコーホテル側にあり、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。

基本的にニッコーホテルの宿泊者さんが多いビーチで、私もその際に泳ぎました。

波もあり、砂も荒いので小さいお子様向けではありません。

ビーチにはおしゃれなバーがあるので、お昼からお酒が楽しめるちょっと大人のビーチです。

場所 ガンビーチの地図
行き方 レンタカー、シャトルバス
ツアー なし
私の感想 ガンビーチの楽しみ方まとめ

タンギッソンビーチ(おすすめではない)

無料ビーチでキレイなのですが、行ってはいけない場所という意味でご紹介します。

私がこのビーチを知ったのはgoogleMAPの衛星写真を見ていたとき。白浜が広がっているし、近くまで道路もあるし、行ってみたいな~と思ってネットで写真を見ると、ものすごくキレイな場所秘境のビーチだ~みたいな感じでちょっとテンションも上がってしまうほどでした。

絶対に行ってみたい!と思っていたのですが、レンタカーショップの方に「この前殺人があったし、盗難が多いから行かないで」と言われて怖くていけませんでした。

いろいろ調べてみると、波や潮の流れが速いこともあるので気を付けないといけないみたいだし、泥棒、盗難が頻発するビーチだから、行くな!という書き込みもいっぱい見つけました。

フリー素材から写真だけでもどうぞ。

タンギッソンビーチ

場所 タンギッソンビーチの地図
行き方 レンタカー
ツアー なし

イナラハン天然プール

天然プールという名前の通り、波や風によって岩が浸食されてできた地形によって、海水がせき止められてできた丸い形の自然に出来た海のプールです。

イナラハン天然プール-

近くにシャワーはありませんし、ホテルロードに戻るまでけっこう時間がかかるので、女性には辛いかも。

深さがあるので、タモン湾の浅いビーチに飽き飽きしている方にはちょうどいいかもしれません。魚も泳いでいて透明度も高いです。またすぐ側は公園になっており、小さなコンビニもあり、綺麗なトイレもあります。

場所 イナラハン天然プールの地図
行き方 レンタカー
ツアー なし

ハガニアビーチ

ハガニア湾に面した一面のビーチで、オーシャンジェットクラブが近くにあるので、沖の方でジェットを楽しんでいる人が時々います。

ハガニアの休憩ポイント

海岸からすぐの場所に無人島・アルパット島があります。オプショナルツアーで行くこともできますよ。

場所 ハガニアビーチ地図
行き方 レンタカー、シャトルバス

グアムのビーチ:まとめ

まとめると、

タモン湾の無料ビーチは人が多いデメリットがありますが、その分初心者でも安心です。

レンタカーで行くような無料ビーチは、人がほとんどいませんので玄人向けです。

初めてのグアムの方や、小さいお子様がおられる場合は、有料ビーチがおすすめです。

安全に楽しんできてください。

なお、浮き輪、シュノーケリングセット、サングラスなど、海遊びに欠かせないものは全てABCストア揃っています。

※ABCストアについては以下の記事を参考にしてください。

グアムのABCストアでお土産におすすめの商品や店舗情報
ABCストアは、グアム旅行中に誰しもが利用すると言っても過言ではないほど、街中のいたるところにあるコンビニエンスストアです。 コンビニ...

ただしマリンシューズは見かけたことがないので日本から持っていくことをお勧めします。サンゴ礁のシュノーケリングなどを楽しまれる場合は、素足だと痛くて海に入れませんのでマリンシューズは必須。

また日焼け対策は必須です。焼けたい方はいいですが、女性の場合は日焼け止めやラッシュガードは羽織った方がいいです。

特に色白の方は、真っ赤になって背中が痛くて帰りの飛行機が地獄です(経験者)

私は以下のラッシュガードのピンクと水色を持っています。絶対焼けません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク