グアムの魚!簡単に見ることができる種類を一部写真でご紹介

南部をレンタカーで1周していた時、グアムには様々な魚が生息しています。

私達日本人が泳ぐような場所でも、肉眼で泳いでいる魚を見ることができます。

海に入って、すぐに魚が泳いでいることに気が付くほど。

今回は、誰でも簡単に見れる魚と、どこで見れるかについて記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

グアムのどこのビーチでも見れる魚

まず初めに、誰がどこで潜っても見れる可能性が高いお魚をご紹介したいと思います。

一番有名なタモンビーチ(Theプラザの前の繁華街側のビーチ)でも見れますし、北部や東部や南部のビーチでも見ることができます。

今回の記事では、タモンビーチについて詳細に記載していきたいと思います。 シュノーケルやレンタル...

サヨリの仲間

サヨリ?キス?かどうかが定かではありませんが、サヨリの種類だと思われる魚が海面近くで大量に泳いでいます。

グアムの口ばしが尖った魚

ぶつかったりすることがないのですが、普通に泳いでいると囲まれていることがあるので、その時は刺されそうで怖いです。(刺されませんが)

ムラサメモンガラ(噛む魚)

カワハギの仲間らしいですが、カラフルで口ばしが尖っているのが印象的。

グアムのカラフルな魚

人が多いビーチのムラサメモンガラは、魚肉ソーセージなどを持っていると、ソーセージと間違えて、指をツンツンしてくることがあります。

ちょっとおバカな感じで、かわいいのよ~!

ふてぶてしい!

大群ではなく、2,3匹で動いています。カラフルなので海面からでも泳いでいる姿を見ることができます。

グアムの珊瑚が多い場所で見れる魚

グアムのサンゴ礁スポットで、よく見かけるお魚をご紹介したいと思います。

ダスキーアネモネフィッシュやくまのみ

ディズニー映画「ファインディング・ニモ」で有名になったクマノミはお子様に大人気。

こちらの写真は「ダスキーアネモネフィッシュ」です。

グアムのクマノミ

珊瑚が多く生息している場所だと、珊瑚の陰から顔をのぞかせていることがあります。

シュノーケリングツアーなどに参加すると場所を教えてくれたりするので、見れる確率は非常に高いと思います。

お子様連れなら、シュノーケリングツアーが安全でおすすめですよ。

しましまのスズメダイ

大きな珊瑚の森ではなく、ぽつりぽつりと珊瑚があるような場所でも簡単に見ることができます。

グアムのイパオビーチの珊瑚

赤ちゃんみたいな大きさから大きなものまで一緒に泳いでいて、癒される魚ですね。

デバスズメダイ

こちらは先ほどのシマシマのスズメダイとよくセットで見れる、水色のスズメダイの仲間。

イパオビーチの小さい魚

もっと青が濃いスズメダイ(クジャクスズメダイ)も同じような場所で泳いでいます。

上記は、イパオビーチで撮影されたものです。

大群でいることが多いので、見つけやすいです。

チョウチョウウオの仲間

こちらも、先ほど紹介したスズメダイなどの魚などに混ざってポツリポツリと泳いでいます。

チョチョウウオ

あまり大群で見たことが無いですが、色が際立っているのでけっこう目立つ存在。

チョウチョみたいで見とれてしまいますね。

シマハギ

シマハギは、イパオビーチの深めのスポットで大群が泳いでいることがあります。

ぶわーーっと急に現れるのでびっくりさせられます。

遭遇できたらかなりラッキーだと思ってください!!

青いヒトデ

砂浜にいる、青いヒトデはとってもキレイです。

ヤドカリのような貝などもたくさんいますから、泳がない方でも海を楽しむことができます。

グアムの青いヒトデ

グアムの魚まとめ

他にもさまざまな魚を見ることができますが、見つけやすいものを中心にまとめました。

なお、合わせて以下の記事が参考になると思います。

私はグアムに行く度にシュノーケリングをしているので、お魚がいっぱい見れる4つのポイントをご紹介したい...

グアムは360度海に囲まれた島国ですから、水の透明度などもよいですし、ホテル街の目の前でさえ、透き通った海の下にはたくさんの魚がいます。

私も初めて泳いだときは、ホテルの目の前のビーチでこんなに魚が見れるなんて思ってもいませんでした。

ハワイや沖縄だと、レンタカーやバスでホテルからビーチまで移動することが多いと思いますが、グアムは面倒なことしなくても、ホテルの目の前でも気軽にお魚が見れるので初心者にもお勧めです。

なお・・余談ですが、クマノミは探すのが大変です。

スポットを知っている現地の方に教えてもらうか、ツアーに参加した方がよいかと思います。

スポンサーリンク