グアムで大人4名や5人以上でも宿泊可能なファミリールームまとめ

グアムのホテルの部屋は、大人の最大宿泊人数は3名が基本です。子どもも入れたら最大4名までしか宿泊できません。

グアムはアメリカなので消防法が厳しく、定員以上は赤ちゃんでも1名としてカウントされます。

なので、大人4人や、5人・6人家族になるとコネクティングルームを利用するか、ファミリールームを利用するしかありません。

でもコネクティングルームだと2部屋分の宿泊料金が発生するのでかなりの痛手。それにパパとママと子供3人の家族の場合、部屋を2つに分ける家族旅行って微妙ですよね。

私も来年の夏ごろに3世代でグアムへ行く予定なので、5人や6人でも宿泊できる部屋を探しています。でもオーシャンフロントの良い部屋を確保しようとすると大変なお値段・・。

飛行機代ですら、UNITEDで5席確保しただけで閑散期でも27万円・・( ̄◇ ̄;)。2歳前の娘の分も確保するか否か・・悩みまくりです。

家族が増えると幸せも増える分、使うお金も増えるよねー(当たり前やろ)でもその幸せには変えられない!

そしてホテルもどこにしようかすごく悩んでいます。

・・・・・

今回の記事は、私がファミリールームについて悩みながら情報を整理した記事になります。グアムリピーターの私でも調査にかなり苦労したので、この記事がみなさんの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

オンワードビーチリゾート【全部屋】

グアムのオンワードは最大収容人数5名が基本のホテルです。

大型ウォーターパークが併設されており宿泊者は無料で利用できるので、家族連れが多く宿泊しています。

オンワードは”ウィング”と”タワー”の2つの棟に分かれていますが、ウィング棟は比較的安価なお値段、タワー棟は少しお値段が上がりますが、オーシャンビューバスが素敵です。浴槽とシャワーもセパレートなので家族にも嬉しいですね。

アメニティはロクシタン・・・育児に仕事に疲れたパパとママも癒しの時間になると思います。

しかしながら、このホテルは繁華街のタモン地区の反対側になります。展望はハガニア湾なので華やかさに欠けます。

でも子連れファミリーなら子どもが思いっきり遊べたらそれで大満足だと思うので、あまり気にしなくても良いでしょう。

#公式サイト→オンワード・ゲストルーム

JTBJTB オンワード
ExpediaExpedia オンワード
HISHIS オンワード

レオパレスリゾート【フォーピークス】

レオパレスリゾートグアムのフォーピークス

山の中にある高級ホテルのレオパレスリゾートグアムには、フォーピークスというコンドミニアム型の宿泊棟があります。

広くて開放感のある部屋には、リビングダイニング、キッチンがあり、一番大きな部屋には、寝室(ベッド×2台)が3室もあって、3世代やグループでも楽しめます。

海や繁華街から離れた立地ではありますが、シャトルバスも運行していて不便さは感じられません。またその分、お値段もリーズナブルな特徴があります。

デメリットがメリットになる程、隠れ家的で優雅な時間が過ごせる、星もキレイ!!日本からは見えない南十字星もすぐ手に届きそうなほど大きく見えました。

のんびりまったりしたい方にはかなりお勧めです。

#以下の記事も参考にどうぞ

友人との3回目のグアムで、レオパレスリゾートグアムに宿泊しました。 今回は、このホテルの良さや...
公式サイトレオパレスリゾートグアム【フォーピークス】
JTBJTB レオパレスリゾート
ExpediaExpedia レオパレスリゾート
HISHIS レオパレスリゾート

ニッコー【オーシャンフロントトリプル】6人部屋

グアムニッコーホテル

ニッコーホテルにはオーシャンフロントトリプルという大人3名、添い寝の子ども3名の合計6名が宿泊できる部屋があります。部屋は4階に位置しており、天井が他の部屋よりも高い特徴があります。

部屋からの展望は、以下の写真のようにガンビーチが見える位置なので、恋人岬も眺めることができます。

グアムニッコーホテルから見た恋人岬

客室は20部屋、125cm幅(セミダブル程度)のベッドが3台並んでいます。

繁華街から離れていますが、日本語が通じやすく、高級ホテルなので施設は申し分なくプールも充実しているので子連れでも安心です。デメリットはこのガンビーチが少し玄人向けなこと。砂浜や海の中がゴツゴツしていて小さな子どもには不向きです。

#公式サイト→ニッコー・オーシャンフロントトリプル

JTBJTB ニッコー
ExpediaExpedia ニッコー
HISHIS ニッコー

ロッテ【ファミリースイート】

ロッテホテルにも、大人4名+添い寝2名の合計6名が宿泊できる部屋があります。キッチン付きのリビングを挟むようにベッドルームが2つあり、片方は2ベッド、もう片方はキングベッドが置かれています。

展望も良くファミリースイートルームは6階~10階に位置しており、眺望はオーシャンフロントではないですが、タモン湾が一望できる展望です。

また、ホテル前は珊瑚もあってシュノーケリングを楽しめること、またお風呂が日本式でシャワーの場所と浴槽が別になっています。これは嬉しいポイントです。

#公式サイト→ロッテホテル・ファミリースイート

JTBJTB ロッテ
ExpediaExpedia ロッテ
HISHIS ロッテ

ウェスティン【オーシャンフロント ヴィラ】

ウェスティンホテルの外観

ウェスティンリゾート・グアムには、オーシャンフロント ヴィラという大家族でも宿泊できる部屋があります。

リビングを挟んで2つのベッドルーム(クィーンベッド2台+シングルベッド2台)があり、中庭にはジェットバスのある広々としたプライベートテラスがあり、まさにリゾート感満載!

各ベッドルームにはバストイレが備え付けなので、3世代やグループでの宿泊でもプライベート感も十分あります。場所が1階なので目の前が海!!すぐにビーチに行けるのは最高ですね。

ただし、このホテルは少し大人向けな印象です。

#詳しくはこちら→旅工房【ニッコーホテル・オーシャンフロントヴィラ】

JTBJTB ウェスティン
ExpediaExpedia ウェスティン
HISHIS ウェスティン

リーフホテル【ジャパニーズスイート】

グアムリーフホテルの全体

グアムリーフホテルには、ジャパニーズスイートという和室のある部屋があります。

グアムリーフホテルの和室

ベッド2台と布団2枚で大人6名まで宿泊できるので、小さなお子様連れには最高ですね。繁華街に立っているので夜中子どもを寝かせてから交代でショッピングを楽しめるのが最高ですね。

また展望も目の前オーシャンフロントで3階から17階に位置していて、嬉しいのが2012年に改装されたばかりなので比較的新しいです。

ただし・・・畳が見えるとリゾートの雰囲気が台無しになるのがデメリット。

#詳しくはこちら→リーフホテル【ジャパニーズスイートの部屋】

JTBJTB リーフ
ExpediaExpedia リーフ
HISHIS グアムリーフ

アウトリガー【コンボスイート】

グアムアウトリガーホテルの外観

アウトリガーは、ショッピングセンターのTheプラザと併設されていてアクセスがよく一番人気があると行っても過言ではありません。また建設も1997年とグアムの中では築年数が新しいホテルでもあります。

このアウトリガーには、コンボスイートという部屋があります。オーシャンフロントスイートとオーシャンフロントの2つの隣同士の部屋を、コネクティングルームで繋げています。

プールも老若男女楽しめるタイプで、目の前のビーチは一番賑わっているタモンビーチ、繁華街も近いので、滞在中の移動距離が非常に少ないのが最大のメリットでしょう。

詳しくはこちら→旅工房【アウトリガー・コンボスイート】

JTBJTB アウトリガー
ExpediaExpedia アウトリガー
HISHIS アウトリガー

デュシタニグアムリゾート【スイートルーム】

デュシタニグアム

デュシタニグアムリゾートは、2015年にオープンしたばかりの、グアムで最上級クラスのホテルですが、5人以上が宿泊できる部屋が最上階のスイートルームのみです。先ほど料金を見たら1泊18万くらいだったので・・・泊まれる人はどうぞ。

ただし、このホテルにはコネクティングルームがあります。部屋の中に扉があるので開けておけば行き来も簡単に出来るのでこちらの方が庶民には現実的でしょう。

デラックスオーシャンフロントツイン、プレミアオーシャンフロントツイン、クラブオーシャンフロントツインの、同じタイプの部屋同士のみコネクティングルームが可能とのこと。

メールで問い合わせましたが、このホテルが一番返事が早くて丁寧でした。さすがです。

ExpediaExpedia デュシタニ
HISHIS デュシタニ

フィエスタリゾート【ファミリールーム】

タモンのちょうど真ん中あたりに位置しているフィエスタリゾートにはファミリールームがあります。

シングルベッドが3台あり、大人4名まで(添い寝は2名まで)なので子どもが3人の家族でも宿泊できます。

ソファーやデスクなどもありますが、展望が山側で海が見えません。フィエスタリゾートの良さはオーシャンフロントの部屋に比較的安い価格で宿泊できる点なので、海が見えないのは残念ではあります。

ただ、ホテルから海へのアクセスはグアムのホテルの中で一番早いとの情報もあります。部屋は寝るだけと考え、外へ出て海を楽しんだりするには最高のホテルでしょう。

繁華街から離れていることがデメリットのようにも感じますが、バスで10分程度で到着するし、何より夜が静か!人や車の音、ショッピングセンターの室外機の音なども気にしなくていいのがいいですね。

#公式サイト→フィエスタリゾート・ファミリールーム

JTBJTB フィエスタ
ExpediaExpedia フィエスタ
HISHIS フィエスタ

PIC【ファミリーデラックスルーム】

大きなウォーターパークが併設されたPICには、ファミリーデラックスルームというダブルベッドが3台設置された部屋があります。

大人4名まで(添い寝は2名まで)宿泊ができます。ダブルベッドなので子どもとの添い寝も安心です。

また、ここはアメニティーのブランドが資生堂なので、子供にも安心して使うことができます。

一番嬉しいのが、シャワーと浴槽がセパレートなのでその点も家族連れには嬉しいですね。

#公式サイト→PIC・ファミリーデラックスルーム

JTBJTB PIC
ExpediaExpedia PIC
HISHIS PIC

ロイヤルオーキッド【ファミリールーム】

ホテルロードの山側にある格安ホテルのロイヤルオーキッドにもファミリールームがあります。

パーシャルオーシャンビュートリプルルームは、ダブルベッドが3台あり最大5名が宿泊できます。

このホテルの良さは、値段の割には部屋がゴージャスなこと。私も格安ツアーで宿泊しましたが、すごく満足できるホテルでした。また、シャワーブース、バス、トイレが完全独立型で全体的に部屋がラグジュアリーでオシャレでした。

#公式サイト→ロイヤルオーキッド・客室一覧

JTBJTB ロイヤルオーキッド
ExpediaExpedia ロイヤルオーキッド
HISHIS ロイヤルオーキッド

以上、有名どころのホテルで大人4名以上や最大6名など大家族でも宿泊できる部屋をまとめてみました。

さて、私も今どの部屋にするかかなり悩んでいます。なんせ60歳の母がいるのでね、ちゃんとしたベッドが必要だし移動も少ない方がいいとか、初めての海外だからきちんとエスコートしたいとか色々考えると・・決められません。

通帳と相談だー。

皆様もお悩みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク