グアムで現金はいくら必要?両替場所やキャッシングの方法

初グアムの方は、どれくらいの現金を持って行くか悩まれるケースもあるでしょう。

今日の記事では、『旅行中にいくらお金が必要か?』『現金が無くなったらどうすればいいか?』まとめて以下記載しますのでよく読んでおきましょう。

スポンサーリンク

グアム旅行中は1日いくら現金を使うのか

まず、旅行中に毎日どれだけの現金を使うのかまとめました。

前提条件としてブランド品等高額ショッピングや大量のお土産は、クレジットカードを使って支払います。

食費

一番必要になってくるのが食費。ホテルに食事がセットになっている、または食事つきのオプショナルツアーを事前予約してある場合などを除いて、一般的に以下の料金が必要になります。

朝食の場合

食べる場所と料金、チップを見てみましょう。

料金 チップ
コンビニ 5ドル程度 0
ファーストフード 10ドル弱 0
郊外ファミレス 10ドル程度 1ドル
ホテルビュッフェ  25ドル程度 0

コンビニは、おにぎりやサンドイッチにペットボトルのジュースなんかで済ませる場合。

ファーストフードは、繁華街にあるマクドやバーガーキングなど

郊外ファミレスとは、キングスレストラン、シャーリーズなどでシャトルバスの始発に乗っていくかレンタカーの方が対象です

ホテルビュッフェはものすごく高いです。だいたい有名どころのホテルの朝食はどこも25ドル前後は必要になってきます。チップはサービス料として含まれているので不要です。

昼食の場合

食べる場所と料金、チップを見てみましょう。

料金 チップ
ファーストフード 10ドル弱 0
フードコート 10ドル弱 0
郊外ファミレス 20ドル程度 1ドル
ホテル街レストラン  30ドル程度 10%

フードコートは、GPOやマイクロネシアモールのショッピングセンターにあり、けっこう美味しく日本にはないものが食べられるのでおすすめ。

ホテル街レストランはランチでも割高になります。チップも10%必要になってきます。※ただしレシートにチップの料金が含まれていることがあります。レシートの一番下に『10% Serv Chg』と書かれていることがあります。

ディナーの場合

食べる場所と料金、チップを見てみましょう。

料金 チップ
フードコート 10ドル弱 0
郊外ファミレス 25ドル程度 1ドル
ホテル内ビュッフェ 40ドル前後 0
ホテル街レストラン  60ドル程度 10%

ディナーをフードコートや郊外のファミレスで済ませると安く抑えられます。

一般的にホテル内ビュッフェレストランは40ドル程度、ホテル内の高級ディナーになってくるとものすごく高くなります。

またホテル街に点在しているレストランはドリンク込みで60ドルは必須でしょう。

移動

移動は、バスか徒歩、タクシー、レンタカーになります。

私と旦那は歩くのが好きなので散歩がてら30分~1時間くらいなら平気で歩きます。またレンタカーも必ず予約するので移動はレンタカーです。

料金 補足
赤いシャトルバス 10ドル弱 ※1
トロリー HISツアー代金に含まれている ※2
レンタカー 1日保険込みで60ドル前後
タクシー 交渉次第ですが高いです ※3

※1:赤いシャトルバスは1度乗るだけで4ドルと割高なので、赤いシャトルバス乗り放題チケットiconを事前購入がおすすめです。

赤いシャトルバスのコースや時刻表について
グアムでは観光用の『赤いシャトルバス』が走っていますので、こちらを旅行中は利用することが多くなります。 何度も載ると、けっこうなお金が...

※2:トロリーバスはHISが運行しているバスでツアー客が無料で使えることが多いです。

※3:タクシーは町中に走っているのを止めるということはあまりせず、ホテルから乗る、レストランから呼んでもらうという形になります。また空港から各ホテルの料金はすでに決められています。

その他コンビニなど

グアムは常夏、湿気もすごいので、飲み物を買うことが増えます。

コンビニでペットボトルの水やお茶を購入すると1日5ドルくらいにはなると思います。

アメリカの現金

上記をまとめるとグアムで必要な現金が分かります

旅行中は、上記に記載の通り、食費、移動費、コンビニで何か買う為の現金が必要になってきます。

ざっくり言うと、だいたい平均的に1日100ドルと考えていいでしょう。

食費を抑えて、タクシーやレンタカーも利用しなければ1日50ドルでも問題ありません。

もっともっと節約すれば30ドルでもいけるでしょう。

※以下の記事も参考にしてください

グアムで安い食事はどこ?旅行中の節約ご飯まとめ
今日はグアムで食費を節約しつつおいしいご飯を食べる方法をご紹介しましょう。 もちろん節約するだけではありません。楽しめなかったら意味が...

まとめると以下の通り

■1日100ドルもあれば十分
■1ドル札はチップの為に多めにもっておく
■ショッピングはカードで払う

そして、日本で必要な金額を日数分両替しておきましょう。

私の場合、空港で1日1万円をドルに両替しています。その時々でレートが違いますが、基本1万円です。

2011年の旅行時1ドル80円で1万を両替すれば豪遊できましたが、最近120円だった時の旅行ではチマチマと節約旅行をしています。

以下の表が参考になると思います。

 レート 日本円 ドル
1ドル100円 1万円 100ドル
1ドル80円 1万円 125ドル
1ドル120円 1万円 80ドル

1ドル80円の時と1ドル120円の時は同じ1万円でも45ドルも差が出てきますから。

なので、私はその時々のレートで、旅行中の食事の豪華さを変えています。

現金が足りなくなったら!両替場所とお得なやり方

現金が足りなくなった場合は、クレジットカードのキャッシングがおすすめ。また日本円を多く持っているなら両替をしてもよいでしょう。

両替場所

他のアジア諸国だと街中に両替場所がありものすごく便利なのですが、グアムでは見たことがありません。たぶんグアムは街中に無いと思います。ってか無いし見たことが無いです。

あるのは、空港、ホテル、現地の銀行、DFS(免税店)になります。

私はホテルと免税店で両替したことがありますが、ホテルは日本の空港で両替したレートよりも少し割高になってしまいました。DFS免税店はあまり変わらなかったような・・なので両替するならDFS免税店がおすすめです。

場所はこちら

クレジットカードのキャッシング

グアムで現金が足りなくなった場合、クレジットカードのキャッシングを利用してATMで引き出すという方法があります。この方法は利息が発生するので日本に帰って直ぐ繰上げ返済を行うようにしてください。

このようなATMがけっこういたるところにあります。

グアムのクレジットカードのATM

以下VISAの場合の取引の流れです。日本のATMと大差ありませんでした。

1 クレジットカードを挿入
2 使用言語を選択
3 キャッシュサービスを選択
4 金額と暗証番号を入力
5 終了する場合はNOのボタンを押す

ATMの設置場所は以下の通り。

■VISA:VISAカードATM グアム設置場所

■MASTER:マスターカードATM グアム設置場所

まとめ

以上、グアムで必要な現金と、両替場所についてまとめました。

少し長くなってしまいましたが、緊急時の両替場所などは確認しておくとよいと思います。

また、グアムはクレジットカードを使えることが多いので、タクシーに乗らなければ現金を持ち歩かない方もいます。

なお、ホテルやコンビニでは日本円が使えます。いざという時はドルではなく円が使えることも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク